第2話 飛んだピエロ

ついにそれは飛んだ


前のエピソード

https://p.yondeke.com/story/2188 

 俺は超人的な跳躍力で垂直に空へ飛んだ。

 獲物をつかむために怪物じみた腕をにゅーっと伸ばした。

 危険を察知した鳥は寸でのところで逃げた、つぎの瞬間だった。

 物凄い風に吹き飛ばされた俺はどぶんと川に落ちた。

 気がつけば、腐ったにおいが立ちこめる雨水管のなかにいた。

 俺はそこで、つぎの獲物が来るのを、涎を垂らしながら、じっと待った。

 いつまでも。いつまでも……。

The End

 

 

 
 


このおはなしをシェアしませんか?

感想をポチッ!(3つまで可)

萌え! 萌え!
0
萌え!
泣ける! 泣ける!
0
泣ける!
楽しい! 楽しい!
0
楽しい!
切ねぇ! 切ねぇ!
0
切ねぇ!
笑うわ! 笑うわ!
0
笑うわ!
好き! 好き!
0
好き!
怖すぎ! 怖すぎ!
0
怖すぎ!
神降臨! 神降臨!
0
神降臨!
ぼっち

>