第2話 小娘

衝撃の結末!


前のエピソード

「現行犯で逮捕する!」とつぜん、あらわれた警察官が叫んだ。「まったく懲りないやつだ」

 呆れた顔をした警察官は洒落た者に手錠をかけた。

「おじょうちゃん、この男は危険だから離れなさい!」

 小娘はこくりとうなずいた。

「おまわりさん! あたしはなにも悪いことしてないですよ……」男は肩をすくめた。「ただ、そのおじょうちゃんにあいすきゃんでぇを――」
「黙れっ、この幼女連続誘拐犯が!」

 警察官は警棒で洒落た者の禿げた頭と醜い顔を容赦なく殴りつけた。
 一瞬で眼鏡のレンズは粉々になった。
 男は道ばたに倒れた。
 血の海。
 あたりは地獄絵図と化した。

「――話はゆっくりと署で聞こうじゃないか」

 警察官はうめき声をあげる洒落た者をパトロールカーに乗せた。

 おお、これぞ人肌のぬくもり――!
 青と赤が混ざり合い、紫がかったあいすきゃんでぇをおいしそうにチューチューしゃぶりはじめた。
 小娘はにやりと笑った。

The End


このおはなしをシェアしませんか?

感想をポチッ!(3つまで可)

萌え! 萌え!
0
萌え!
泣ける! 泣ける!
0
泣ける!
楽しい! 楽しい!
0
楽しい!
切ねぇ! 切ねぇ!
0
切ねぇ!
笑うわ! 笑うわ!
0
笑うわ!
好き! 好き!
0
好き!
怖すぎ! 怖すぎ!
1
怖すぎ!
神降臨! 神降臨!
0
神降臨!
ぼっち

>