第1話 航空艇

”隔絶の魔女”と呼ばれる者によって分断され中に浮かんだ陸地の一つ、エチゲン市で出会った二人の群像劇。(舞台はどこでも構いません) ※この作品は”小説家になろう”様にも筆休めの作品として投稿させて頂いていますがパラノベ様の利用規約に則りここで投稿された物語(続き)を小説家になろう様に投稿する事はありません。


魔法。
それは”真なる望み”を見つけた者にのみ赦される開道の矛。
これはそんな覇道の力が闊歩する歪んだ世界で一人の自由を愛した魔女としがない新聞記者の不思議な邂逅の物語である。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

エチゲン市。
それは”隔絶の魔女”と呼ばれる存在によって分かたれた世界の断片の一つ。
そして私の故郷であり、職場であり、墓場でもある。
今日も今日とて平和そのもの。
・・・良い事に変わりはないのですが私達新聞記者には少々暮らしづらくつまらない世の中です。

気持ちの良い日差しに背中を照らされ、未だ書きかけの原稿の上に寝てしまいそうになった昼下がり。
私は突然上司に呼び出されました。
ここの新聞社において上司からの呼び出しとは取材に駆り立てられるかクビを言い渡されるかのどちらかのどちらかなので出来れば行きたくないのですが、呼ばれてしまえば行かない訳にはいきません。
私が編集長の机まで向かうと上司はいつものやや気だるげな表情で纏まった資料を差し出して来ました。
「おい、お前今特に大きな事案抱えてないよな?」
「はい。特には」
私の答えに編集長はニヤリと顔を歪めると私に言い放った。

「喜べ。久しぶりのでかい飯の種、お前の運を見込んで一枚かませてやる」

聞いてきてはいないあたり拒否権は無いらしいです。

上司曰く、近くこのエチゲン市に航空艇がやってくるそうな。
航空艇とは”啓蒙の魔女”と呼ばれる魔法使いが伝え設計した分断された陸地を移動する為の唯一の手段なのだとか。
「コーヒーとマフィンを一つ」
「ただいまお持ちしますね」
それはそうと馴染みの店での一服は私の数少ない楽しみの一つである。
「ヴェロニカさん、こんな昼間から来てお仕事は大丈夫なんですか?」
看板娘のニコちゃんが今日も眩しい。
「いーのいーの。それよりニコちゃんはさ魔法使いについてどう思う?」
「・・・魔法使いですか?隔絶の魔女とか啓蒙の魔女とかそういう?」
「うん。そうそう」
私の質問に答えようとコーヒーを淹れながらも真剣に考えてくれるニコちゃん。
ちなみに私の感じている魔法使いの印象としては”人智を超えた何か”。
だってそうだろう。
元々は一つだったという世界を分断したり、
ゼロから信じられない様な技術を開発してしまったり。
私達一般人が知っている魔法使いの情報はきっと氷山の一角に過ぎないのだろうがそれを抜きにしても過言では無いと断言出来る程の功績を残していると言える。
答えが出たからなのかコーヒーが出来たからなのかは知らないけどニコちゃんがコーヒーとマフィンを持って私の正面に座ってくれた。
この時間もこの喫茶店を贔屓にする理由だろう。
ニコちゃんには悪いがこの狭く座席の少ない店には私と何人かの常連が毎日くるだけで客足は少なくその常連も来る時間が疎らなのでこうしてニコちゃんを独占する事が出来るのだ。
私が男であれば気持ちが悪いと言われるやも知れないが私は女。
堂々と正面に座る事が出来る。
閑話休題。
「私は魔法使いって案外沢山いて意外に身近な存在なんじゃないですかね」
「・・・なるほどねぇ~」
それは新しい意見だ。
「だって、魔法使いになる条件があるとしてそれに当てはまるのが世界でたった数人って事は有り得なく無いですか?」
「ふぉれふぉふぉうか」
私はマフィンを頬張りながら彼女の意見に耳を傾ける。
甘くない昼食用にしょっぱい味付けだったが辛党の私には有難い。
「・・・こんな事を聞くなんて、もしかして次の仕事に?」
ニコちゃんの質問に私はコーヒーでマフィンを流し込んでから答えた。
「いや、それは無いかな。魔法使いを扱った記事なんてきっと現実味が無さすぎて売れやしない」
「じゃあなんで?」
「んー、個人的に会って話を聞いてみたいからかな?」
私の疑問符の付く曖昧な答えにニコちゃんはむくれる。
可愛い。
「そんなこと言って・・・ヴェロニカさん先月踏み込み過ぎたとか言って拘束されてたじゃないですか」
「いや、あれは特別だから・・・」
そう。あれは特別。
別件で調査をしていたところ、たまたま怪しい取引の現場を目撃してしまい、たまたま割と大きい犯罪組織のアジトを見つけその後拘束されてしまったのだ。
「けど、危なかったなぁ~流石の私も年貢の納め時かと思ったけど、あの親切な犯罪者さんには感謝しないとなぁ」
黒髪の美人さん、まだこのエチゲン市にいるならばあの黒髪は目立つだろうから近いうちにお礼も言えるかもしれない。
あの犯罪者達の中を素通りだったし相当な悪ではあるだろうが優しい人だ、きっと感謝は受け取ってくれる。
私がマフィンを平らげご馳走様を言おうと視線を向けるとむくれていたニコちゃんの顔がさらにむくれていた。
「私、ヴェロニカさんには新聞記者辞めて欲しいんだけどな」
「なんで?」
「だってヴェロニカさん顔綺麗だし年齢的にも結婚を考えないといけない筈だし・・・」
「ゔっ!」
心に刺さるっ!
「い、いや、こんな凹凸無くて、声低い女なんて誰も貰ってくれないって」
自分言っていて悲しくなる様な事言わせないで欲しい。
「それに、私、ヴェロニカさんと一緒に働きたいですっ!」
え?
やばい。
下げて上げられた。
「っっっっっ!」
赤くなるニコちゃん。
何だその反応はっ!
「「・・・」」
狭い店内に気まずい空気が蔓延する。
「・・・ご馳走様でした」
「あ、ありがとうございました~」
そして私は店を出てしまう。
やけに甘酸っぱい思いをしてしまった。
「あぁ。駄目だ」
私はこの浮き足立つ思いを相殺する為事務所へと足を向けた。

ーーーーーーーーーーーーーーー

「あ~あぁ。やっちゃったなぁ」
今回も逃げるように別れてしまった。
”今回も”だ!
「人見知り、拗らせ過ぎだよなぁ」
せっかく人を助け感謝される権利を得たと言うのに。
まぁその極度の人見知りが自分に魔法という力を与えたのだから一概に汚点だとは言いきれないが。
それにしても、あの”男性”は背は低かったけど中性的で中々に格好良かったと思う。
「・・・向こうから会いにきてくれないかな?」
まだ魔法使って無いし。
「可能性はある、か」
太陽が天高く臨む昼下がり。
誰もいない薄暗い路地裏で、私は一人呟いた。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「・・・やっぱ長時間居るような場所じゃないな。事務所」
漂う煙草とインクのツンとする臭いが肺胞へと回り正直吐き気がする。
昼休みとは言え異常な喫煙率。
本来事務所は昼に来る様な場所ではないのだ。
・・・仕事をしよう。
私は航空艇が来るという港を目指し事務所を抜け出した。

港と言えど海が広がっている訳でもなく眼下に見えるのは薄い水色の床へと続く崖。
折角日が暮れてしまうと急いで街中を駆けてきたというのに味気ない。
学校で教えられた知識によればこの下に見える薄い水色の床こそが海らしいがその海とやらを一度も見た事の無い身としてはどうにも実感に欠ける。
「見てみたいなぁ~」
今度漁師に取材を申し込んで連れて行ってもらおうか。
「けど、俺達の特権を、とか言われて金取られそうだなぁ」
ただでさえ今月ちょっとピンチなのに頭の痛くなる話だ。
首を傾けると漁師達の船を上げ下げする昇降機が目に入る。
「・・・仕事しなくちゃ」
私は航空艇を撮るのに一番良い場所を求め動き出した。

「ここかな」
あれから探す事二時間、私が選んだのは使われて無さそうな倉庫の中。
建付けの悪く見えるギリギリのラインまで扉を開けその間を覗くようにカメラを設置する。
後は航空艇が来るのを待つだけだが・・・
私は自分の失態にやっと気づいた。
(張り込みするってのに荷物持って来てないな)
夜食やら上着やらが無いのである。
手元の時計で現在午後四時。
編集長が飯の種と言うくらいなのだから恐らく航空艇の来航は公開されることの無い機密性の高い事柄だ。
来るとすれば夜になるだろう。
取りに戻って間に合うか。
いや、取りに行かねばなるまい。
私はカメラを隅の分かりずらい場所に隠し、倉庫の裏の勝手口から自らの家に向けて走った。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

もう日は落ちかけ窓から夕日が差し込む。
その紅く優しい光に包まれ段々とまどろみに囚われていくと、突如としてけたたましい鐘の様な音と聞き覚えのある女の声が脳内に響き渡る。
『やほー、パルムちゃん。絶縁の魔女』
「・・・共有の魔女。念話をかけてくるのは構わないがその鐘の音はどうにかならんのか。頭痛がする」
『どうにかなるけど、面倒臭い~みたいな?』
話せば話すほど腹が立つ奴だ。
『ねぇねぇ、パルちゃん?』
「何だ。あんまり回りくどいとお前の友人を調べ上げ、全員との縁を切るぞ」
『・・・分かったよぉ』
こう言ってやると静かになるところは少し可愛げを感じる。
『これは啓蒙の魔女の部下としての依頼なんだけど』
任を告げる彼女の声色はいつになく真剣だった。
『二日後、私達啓蒙の魔女とその一団を乗せた航空艇がそっちのエチゲン市に補給で寄港するから人払いをして欲しい』
「それは本来私の領分では無いんだが」
『まぁ、今回も近づこうとする人と航空艇の縁を切ってくれればいいからさ。それに・・・』
「・・・私の力が必要なのか?」
『うん。”今回は”だけどね』
「そんなに強調しなくてもいいんじゃないか?」
そんなに好きでは無い相手だとは言え同じ魔法使い仲間。はっきり言われてしまうのは悲しい。
『パルちゃんのやり方ってさ、結構えげつないから反対って言う人もいるから毎回説得するのも大変なんだよ』
「・・・そうなんだ」
その考えには首を縦に振れないが代わりに説得してみせろと言われても出来る気がしないので取り敢えず肯定しておく。
『ともかく、二日後はよろしくね』
「任された」
プー、という気の抜ける音と共に意識が解放される。
「荷物纏めなきゃな」
とは言っても荷物を取り出し詰める訳でも無く始めたのはトランクの掃除だった。
元々そういった事が苦手な割に潔癖な私の予定は延長に延長を重ね最終的に寝付いたのはその日の深夜だった。


このおはなしをシェアしませんか?

感想をポチッ!(3つまで可)

萌え! 萌え!
0
萌え!
泣ける! 泣ける!
0
泣ける!
楽しい! 楽しい!
0
楽しい!
切ねぇ! 切ねぇ!
0
切ねぇ!
笑うわ! 笑うわ!
0
笑うわ!
好き! 好き!
0
好き!
怖すぎ! 怖すぎ!
0
怖すぎ!
神降臨! 神降臨!
0
神降臨!

>