第1話 ただいま、私の古い家。

京都に来て間もない私に、明け方の自由が、自由であることを実感させる。


さっき夢から醒めたのだけれど、夢の内容なんてほとんど覚えていなくて、夢の続きさえも見たいとは思わなくて、それでもシーツはまだ肌寒い3月なのに寝汗で、ほんの少し湿っていたから、たぶん悪夢を見ていたのだと思う。
わずかに覚えていることといえば、私が車を盗もうとして、入るはずもない鍵穴に、古い私の家の鍵を差し込んだら偶然に開いてしまって、いざ開けてみるとそこが私の家だった、そんな夢だったのだと思う。

時計を見るとちょうど午前4時を過ぎたところだった。

寝汗のせいかは知らないけれどたまらなく喉が乾いていた。昨日届いたばかりのドアが2つしかない、段ボール箱を2つ重ねたほどの冷蔵庫から、パック牛乳を取り出してそのまま飲み干してしまった。

古い私の家では許されなかった行為だったけれど、この牛乳を飲むのはこの家ではどうせ私しか居ないのだからと、そう思うと何らためらいなどなかった。

飲み込んだ瞬間、牛乳は私の食道を上から下へと、苦手だった物理の原理のようにして、自然に流れていった。
その冷たさをひしひしと感じる。
春寒の京都にはまだまだ慣れないのだけれど、それでも冷たい牛乳のせいで、京都の明け方の寒さや冷蔵庫から取り出した牛乳より、いくぶんか私の身体が暖かいことだけはわかった。

私の今の体温は、ちょうど36度なんだ。
私は、今、京都にいるんだ。

私がこの街に来たのは、ちょうど2日前のことだった。


このおはなしをシェアしませんか?

1 comment

感想をポチッ!(3つまで可)

萌え! 萌え!
0
萌え!
泣ける! 泣ける!
1
泣ける!
楽しい! 楽しい!
0
楽しい!
切ねぇ! 切ねぇ!
1
切ねぇ!
笑うわ! 笑うわ!
0
笑うわ!
好き! 好き!
4
好き!
怖すぎ! 怖すぎ!
0
怖すぎ!
神降臨! 神降臨!
0
神降臨!

企業法務あたりを漂う若手弁護士。 匿名だからって過激なことは言わないけれど、実名で言いにくいことってあるよね。IT、サメ、西語、純文学が好き(ワナビ)。 note→https://t.co/5ZCzbt6hLT。 画像はアリムラモハ様(@mohamedo62)!許諾感謝!
>
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。