第3話 予定

古びたラジカセにナイフを忍ばせる殺し屋少女「レナ」は笑いを噛み殺せない。


前のエピソード:

 差し出された手をにぎり、短く自己紹介した。

「ソウマです、よろしくレナさん」

 握られた手を引き寄せながら、反対の手には古びたラジカセを持つ少女、レナは言う。

「いいわ、面倒みてあげますね」

 その言葉の意図に少々困惑しながら起き上がるソウマ。

 体をはたきながら土埃を落とすソウマを見ていたレナは笑いを噛み殺している。

「プッ……ソウマ、後ろ後ろっっ……プププッ」

 いや、全く噛み殺せていなかった。

 レナに指差された先に視線をやると、ズボンのお尻部分に大きな穴が空いていた。

「あぁ、これは……恥ずかしいですね。プッ……」

 終いにはあははははと声をあげて笑い出すふたり。

 見兼ねたレナは背負っていた黄色いリュックからタオルを取り出しソウマに渡す。

 ソウマはタオルを腰に巻き、尻出しルックの危機から無事脱出。ありがとうとレナに伝えてから、ネットワークに接続し、自身の“人形”に受けたダメージをコンマ二秒で確認し、ふと今日の予定を思い出した。

「そういえば、今日は友人と会う約束がありました」

「その格好で?」

 あぁ、レナの言う通りだと、またしても笑い出すソウマにつられて微笑むレナ。

 ふたりが打ち解けるのに時間はかからなかったようだ。

 ボロボロになったシャツとズボン、耳からは煙を出し続けているソウマは、古びたラジカセを左手に持つレナに本日の予定変更の旨を伝える。

「レナさん、スムージーはお好きですか?」


このおはなしをシェアしませんか?

5 comments

感想をポチッ!(3つまで可)

萌え! 萌え!
0
萌え!
泣ける! 泣ける!
0
泣ける!
楽しい! 楽しい!
2
楽しい!
切ねぇ! 切ねぇ!
0
切ねぇ!
笑うわ! 笑うわ!
1
笑うわ!
好き! 好き!
3
好き!
怖すぎ! 怖すぎ!
0
怖すぎ!
神降臨! 神降臨!
0
神降臨!
南国アイス

日本との時差2時間の南国に住むアイス。 最近Webサービスを作ってみました。 https://t.co/amYDgswleG https://t.co/U4OqnQjZWt
  • >
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。