第1話 冬

もうすぐ夏ですが冬の話でごめんなさい。よくある(?)幻聴とかが出てきます。設定は無視して自由に繋いでもらえたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。


 目が覚めるとギターが鳴っていた。それはけして大きな音ではなく、ぎりぎり聞えてくるくらいのボリューム。そのわりにはやけに頭に響く。

 ギターは同じフレーズをずっと繰り返しているようだった。速弾きのディストーション。CDがかかっているのだろうか。部屋の中を見渡すと、薄明かりの中にプレイヤーの電源ランプが灯っていた。眠る前に聴いていたCDは、最後の曲を流して停止しているはずだ。こんなに小さい音では音楽を聴かないし、それにこんなギターの曲は持っていない。

 電源ランプを見ていると、ふいにギターの音が消えた。水が勢いよく水道管を流れる音が続いている。二階の住人が水道を使っている。

 そうだ。さっきのギターも、左耳にだけ聞こえていた。

 水道管の音は鬱々と続いた。数分で止まったけれど、しばらくの間起き上がれない。

 水が流れる音は両耳から聞こえていた。現実の音に違いない。

 左耳にだけ音が聞こえたのは去年の夏以来、久しぶりだった。男の声の幻聴が聞こえることが多い。たまに女の声。人の声ではない音が聞こえたのは初めてかもしれない。

 いや。一度、あのディストーションギターを聞いたことがある。十年以上前だ。

 あの時、私はベッドの上で目を閉じていた。目を開けることも起き上がることもできなかった。幻聴だったのか夢だったのかわからない。大音量のギターが鳴り響き、何か怖ろしいものに足を摑まれていた。見えないけれど怖ろしい何かが、私を引っ張っている。ベッドから引き摺り下ろされたら終わりだ。直感が叫んでいるのに、手には少しも力が入らない。皮膚の感覚すらなくて、意思だけがベッドの上に留まっていた。

 プレイヤーの再生ボタンを押す。二階からの音が聞こえないくらいのボリューム。

 きっと、私の部屋もうるさい。

 洗面所の扉を開閉する。がらがらというこの音も二階に響いているだろう。

 歯を磨いて顔を洗った。二月の午前六時。部屋に戻ってカーテンを開けても、窓の明かりは弱々しいままだった。雪が、降っている。

 この町で今年はじめての雪が舞っている。粉雪というには湿っていて、ぼた雪といえないくらい細かい雪がゆっくりと。

 アパートの庭に出て、雲から舞い降りる雪を見上げた。


このおはなしをシェアしませんか?

3 comments

感想をポチッ!(3つまで可)

萌え! 萌え!
0
萌え!
泣ける! 泣ける!
0
泣ける!
楽しい! 楽しい!
1
楽しい!
切ねぇ! 切ねぇ!
2
切ねぇ!
笑うわ! 笑うわ!
0
笑うわ!
好き! 好き!
3
好き!
怖すぎ! 怖すぎ!
0
怖すぎ!
神降臨! 神降臨!
0
神降臨!
aina

Mes besoins sont la mer | les chats | les fleurs | la musique | les films | le café | les fraises et les livres.
>
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。