第1話 堕ちたピエロ

 空を飛ぶピエロは墜落した場所で、空を見上げていた。なんか分かりにくい自分語りをする、ピエロ。長編一話だったらたぶんこんな感じ?適当に繋げて下さい(丸投げ)。


 ぴっちりとしたコクピットの中は、充満した俺の空気で満たされていた。ケツの下からは緩い響きが断続的に蹴り上げて来る。ここはゆったりと死んでいく微睡に浸された胎内。

 手を組んで、シールドの外を見上げる。

 空は高く。青は霞んで白く成りゆく。

 俺は奴の口車に乗っただけにすぎない。鼻持ちならない奴。薄っぺらい他人への称賛を携えたピエロ。普段なら、絶対にあんな奴の言うことを聞いたりしない。絶対にだ。

 ひもなしバンジーのアトラクションをピエロとやった。

 奴はクソな奴だったが、間違いなく飛び方を知っていた。ひもなしで空を飛ぶ方法。

 ピエロが言う。

「まだだ、まだ見るな。まだ目を開けるな。飛ぼうとするな」

 一緒になって自由落下し、勢いを使って空へと駆け上がる。浮遊感が胃の底をくすぐる。見えないひもに吊られたように、振り子の要領で急上昇した。

「お前は才能がある。存在の透明さ、無機質さはピエロの才能がある。きっと、誰よりも飛べるようになるだろうさ」

 ピエロは俺にそう嘯いた。

 俺は騙されたのだと思った。

 何故なら、最低な気分は墜落を続け、いつまでたっても底に辿り着かない。

 お道化て見せたっていいぜ。踊って見せたっていいぜ。

 俺は物を投げつけられ、階段から蹴り落とされ、それでもいつだって道化であり続けたぜ。あのクソ野郎の教えに従って、ピエロであり続けた。

 それだけ。たったそれだけが、ピエロであることが、この世界でまともな頭を持ったまま空を飛ぶ方法だったから。地を這いずる奴ら、地べたから見上げる奴ら。そんなものは哀れで見ていられない。そんな現実が息をしていることに耐えられない。あのゴミ溜めには戻れない。

 ひとたび、一度空を知れば、人はもう地を歩いて生きてはいけない。

 どうするべきだろう。この手に持った甘くないキャンディーバーを、さっきから何度も口に入れたり出したりして、この沈みゆく結論を待っている。

 俺はピエロだ。この身はとうに堕ちきっている。

 ピエロは笑わせるぜ。ピエロは楽しませるぜ。ファニーなショーを披露するぜ。

 愉快、痛快、残酷活劇。

 どうだ、みんな楽しめたかい?

 笑っちまうぜ。

 今さら、救い上げるものなどいない。

 キャンディーバーがこめかみを撫でる。珍しく鼻歌なんかを歌っていた。

 メイクは剥がれ落ち、笑いと涙は消え去った。そこには懐かしい、無機質な少年が静やかにハミングを響かせていた。

 もう空に戻れないのなら。

 残り僅かな何もかもと、まったりした余生を垂れ流して。このまま、このまま世界が閉じたままだったら、きっとそれはそれで幸せな夢だろうと。

 目を閉じた。

 ハミングとこめかみで拍を取る音だけが揺らして。

 その時、瞬いた。

 沈んだ眠りを覚ます羽ばたきが確かに聞こえた。

 鳥だ。前進角に翼を付き出した鳥が大きく旋回していた。


このおはなしをシェアしませんか?

2 comments

感想をポチッ!(3つまで可)

萌え! 萌え!
0
萌え!
泣ける! 泣ける!
0
泣ける!
楽しい! 楽しい!
1
楽しい!
切ねぇ! 切ねぇ!
2
切ねぇ!
笑うわ! 笑うわ!
0
笑うわ!
好き! 好き!
5
好き!
怖すぎ! 怖すぎ!
0
怖すぎ!
神降臨! 神降臨!
0
神降臨!

いつまで経っても素人。最後の時は裸で仁王立ち希望。小説なんかを書いてます。
>
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。